カテゴリー「スポーツ」の記事

2011年8月19日 (金)

無念の「習志野高校」ベスト8で甲子園去る

一回のスクイズバントが大失策でした。甘い采配で読まれていました。完全に相手ペースの試合に終始しました。残念でした。

今日はこれでおしまい・・・

2011年8月18日 (木)

見逃せない・全国高校野球「作新学院」「習志野」ベスト4掛けて

関東3校が勝ち残った今大会、第一試合は「作新学院対智弁学園」、第二試合は「習志野対日大三高」関東勢たいけつとなった。

攻守良しのチームの対戦だけに目が離せない戦いになりそうだ・・・

2011年8月17日 (水)

第93年全国高校野球・ベストに8に関東勢「3校」

ベスト16の試合では壮絶な逆転劇が繰り広げられた。逆転に次ぐ攻防、9回での逆転劇・・・勝敗抜きに全力プレーは見ていても気持がいい。

関東からは、「習志野」「作新学院」「日大三高」が93
ベスト8に残った。18日(木)の攻防が楽しみである、ここからが各校の勝利にかける力が激突する。

第一試合 「智弁学園」(奈良)対「作新学院」(栃木)第二試合 {日大三高」(西東京)対「習志野」(千葉)

関東勢での戦いがいよいよ始まる。

準決勝・決勝は連戦となる厳しい日程で行われる。

2011年8月14日 (日)

祝・「習志野高校」2回戦突破 9対3でそつなく勝利

習志野は、投手や打順を大きく変えてもぶれなPhoto
い野球が出来た。1回戦同様確実に出たランナーを進塁させ、着実に得点に結びつけた試合をしたのは素晴らしい。

Photo_2

他校の試合を見ていると、送りバンドが実に雑に見える。

第二試合「帝京」9回逆転負けと残念な結果となってしまった。
第三試合「作新学院」は接戦制し3対2で唐津商を破った。

今日は第三試合で「日大三」(西東京)対「開星」(島根)が楽しみだ。

第三回戦は16日、第一試合「習志野」対「金沢」・第二試合「作新」対「八幡商」となっている。

2011年8月13日 (土)

今日・第一試合「習志野」・第二試合「帝京」・第三試合「作新学院」

昨日は関東勢同士の「横浜対健大高崎(群馬)Photo
」延長戦で6対5と横浜に軍配が上がったが、実にいい戦いとなった。これまでに関東勢では「花咲徳栄(埼玉)」と「藤代(茨城」が1回戦敗退しているが。

今日(13日)からは関東勢『第一試合「習志野」・第二試合「帝京」・第三試合「作新学院」』対四国・九州関との戦いが組まれている、楽しみな試合が展開されることを望んでいます。

東関東の「日大三高(東東京)」は14日(日)第三試合は山陰となり東西の戦いになります。

見逃せない試合が目白押しです。

2011年8月 8日 (月)

高校野球・1回戦「習志野・帝京」共に勝利

蒸した陽気で夕立もありの一日だった。

昨日行われた第一試合の「習志野対静岡」は、6対1で習志野が勝利した。キャプテンの宮内の走攻守の活躍が際立った試合だった。happy01

「帝京対花巻東」は、8対7で帝京が花巻東の失策にも助けられ接戦を制した。coldsweats01

花巻東高校の戦いは充分帝京高校を追い詰めていた、しかし度々追いつきながら、自らのミスでの敗退は残念であった。

2011年8月 7日 (日)

今日は朝・昼「全国高校野球」観戦だ

今日7日は大会第2日目、第一試合は母校「習志野対静岡」、第三試合は地元「帝京対花巻東」が行われる。

一日ごろごろまったりと過ごします。さてどうなることやら楽しみでです。

金曜日には高校からしっかり「応援・支援募金」をつのる封書が届いていた。これくらいスピーディーでないとだめなんだよね。何処かの電力会社や国も見習って被災者に対応して貰いたいものだ。

2011年7月25日 (月)

サッカー南米選手権・ウルグアイがパラグアイを3×0で制止し優勝

Photo今朝4時起きで「サッカー南米選手権」を観た。ウルグアイの攻守に渡る攻撃は素晴らしいものがあった。2トップの得点はもちろんだが、前線からパラグアイ・バックに対するプレッシャーを最後までやり続けた。

南米では小国の両国が強国ブラジルを破って決勝まで来るんだからすごい。

いい試合だった・・・


観終わってちょと仮眠し、トーストにコーヒーを食べながら、朝のBGMはサンタナ「Shaman」CDを聴いている。気分がちょと高揚してきます。

2010年7月13日 (火)

W杯スペイン優勝 素晴らしい一戦だった

長かったW杯南アフリカ大会がスペインの優勝で幕が閉じた。W

さすがに月曜日は120分の死闘が終わっても興奮が冷めやらず、サッカー狂の友人にメールに電話を掛けまくっていた。場面場面を振り返り・・・・・とめどもなくである。

実に決勝戦に相応しい闘いであった。

試合終了後は、ビートルズの「オブラディオブラダ」のCDを聴きながらコーヒーを飲み心を和ませた。

新たなサッカーのスタイルが、この試合に凝縮されたのではなかったか。

日本代表選手の中からは、海外へ移籍して行く者も出て来ているが、今後は日本の戦術がその都度変わるのでなく、どの年代でも「日本はこれでいく」という共通のものを作って欲しい願っている。

明日からJリーグが始まる、W杯参加の選手がその雄姿をピッチで示して、是非ゲームを盛り上げて貰いたいと思う。

2010年6月30日 (水)

サッカー日本代表 頑張った !!

パラグアイ戦、前後半延長と見事な無失点 !!

岡田采配が見事に結実した。攻撃でも欲しい場面も幾つか作り出した一戦だった。パラグアイもこんなに苦しむとは思っていなかったであろう。

引き続き決勝戦まで、サッカーの観戦を続け最後まで見届けたい。

そして、Jリーグの戦いも引き続き応援しよう。 !! 私の生まれた「浦和レッズ」の健闘を願っている。

より以前の記事一覧

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ