• 写真・図版
 東京都猪瀬直樹知事が医療法人「徳洲会」グループから5千万円を受け取った問題で、猪瀬氏は16日の都議会総務委員会で、貸金庫に保管していた5千万円を、今年5月に別の貸金庫に移していたことを明らかにした。「保管した現金には一切、手を触れずに返した」としてきた従来の説明を一転させた。返却日も訂正したほか、返却に公用車を使ったことも判明した。

 猪瀬氏側は、都議会から求められた資料約60点のうち、16日までに約30点を提出。資料を基に都議会は追及したが、相次ぐ説明の変転に批判が相次いでいる。

 猪瀬氏側から都議会に提出された貸金庫の記録などによると、猪瀬氏は5千万円を徳田毅衆院議員から受け取った前日の昨年11月19日、東京・西麻布にある個人事務所近くの八十二銀行青山支店に妻名義で貸金庫を開設。5千万円を受け取った翌日の21日に入れた。

 ところが、この貸金庫は今年5月10日に解約。現金は1990年から契約していた横浜銀行つくし野支店(東京都町田市)の貸金庫に移していた。横浜銀の貸金庫は、前日の9日にサイズを大型に変更していた。

今朝の朝食はいつものトーストサンドにコーヒー、そしてBGMは「風は激しく」 by ブラザーズ・フォアから