« 20数年ぶりの再会 | トップページ | ドリームズ・カフェのイメージソングは「めぐりあい」 »

2012年5月19日 (土)

1970年代の雑誌「音楽専科」「ヤング・ギター」「新譜ジャーナル」など雑読

朝から昔の雑誌を読み始めたのには訳があるのだが、
目的を見失い古いアルバムを見るが如く先に進まない。
『新しいプロテストソング』『ニュー・フォークの流れ』
そして譜面に弾き方など細部に渡って載っている。
(こんなの本当に読みこなせてたの?)

Photo

この種のものは、取って置いてなんぼのもの、かつて別れた妻に「資源ごみ」として捨てられてしまったことがあった。

悲しいかな、価値観が違うと資料もゴミと化してしまうのです。

左の方はトム・ジョーンズさんです。

« 20数年ぶりの再会 | トップページ | ドリームズ・カフェのイメージソングは「めぐりあい」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551464/54745498

この記事へのトラックバック一覧です: 1970年代の雑誌「音楽専科」「ヤング・ギター」「新譜ジャーナル」など雑読:

« 20数年ぶりの再会 | トップページ | ドリームズ・カフェのイメージソングは「めぐりあい」 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ