« 「Come to my bedside my darlin'」 by The Brothers Four | トップページ | 1970年代の雑誌「音楽専科」「ヤング・ギター」「新譜ジャーナル」など雑読 »

2012年5月18日 (金)

20数年ぶりの再会

昨日のそれは、どんぐり牧場(音楽集団)の皆何してるかな?から始まった。

他のブログを見ていても旧友や、若かりし頃の仲間との再会を目にするようになった。

午前9時1本の電話を入れた。集団の性質がもともと決められたグループではなかったこともあり多い時で8人ぐらいであった。最後の方では4人が定着していた。

もう還暦を過ぎたメンバー。久しぶりに聞くY氏の声は走馬灯のように20年の時を戻してくれた。地元を離れ住居を埼玉の小川町に越した頃はまだ唄っていたが、仲間の一人E君が遠く宮城に引越た頃からか集団は、個々の仕事に埋没して歌から遠ざかって行った・・・やがて連絡すら無くなった。

あれこれ電話でやり取りしていても時間はあっという間にたってしまう。それだけ其々のおもいもあってのことなのだ!

私が今唄っている「ドリームズド・カフェ」で一度落ち合う計画を立てることにした。当日が楽しみだ・・・・・・

昨日は5曲唄わせて頂きました。

1、私の子どもたちへ →こちらからbunbun.boo.jp/okera/mawa/watasi_kodomo.htm
2、私に人生といえるものがあるなら
       →こちらからbunbun.boo.jp/okera/mawa/watasi_jinsei.htm
3、こぶしの歌 
4、旅人の子守唄(ホーボーズ・ララバイ  )
        →こちらからbunbun.boo.jp/okera/haho/hobos_lullaby.htm

5、四日四晩酔いつぶれ(アメリカ民謡)

でした。5曲目は「下ネタ」大好きシニアには大受けでした!!

(健全な老後を迎えたいが、これが人間の嵯峨なのか。)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

『ママさんに今月は皆勤しょうだよ』と声を掛けられた、私はこの1年半に起きた震災・原発など今やっておかないと、という気持ちで「ドリ・カフェ」に行っているのです。!!!

« 「Come to my bedside my darlin'」 by The Brothers Four | トップページ | 1970年代の雑誌「音楽専科」「ヤング・ギター」「新譜ジャーナル」など雑読 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551464/54737714

この記事へのトラックバック一覧です: 20数年ぶりの再会:

« 「Come to my bedside my darlin'」 by The Brothers Four | トップページ | 1970年代の雑誌「音楽専科」「ヤング・ギター」「新譜ジャーナル」など雑読 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ