« 朝食・新感覚でサンドウィチから食材を皿に取り出し盛った! | トップページ | 生活スタイルを50年近く昔にもどして »

2012年4月13日 (金)

「Leaving on a Jet Plane」 by PP&M

ジョン・デンバーの「悲しみのジェトプレーン」というこの曲をPPMのマリーが歌ている。

ベトナム戦争での愛する人との別れと、再会を願う思いが綴られている。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

昨年の3.11で多くの死者・被災者を出した「東日本震災・原発」被害は、今なお大きな爪痕を残している。それでもなんとか冬の山場はひとつ越えた。

ゴールデンウィークが近づいてきた・・・被災地の瓦礫処理はまだまだ人の手が必要だ!

国会議員や評論家みなさんに頼っても、事態はむしろ後ろ向きに動いてさえ見えてくる。

すでに火の粉は降っています、傍観者にならないようにしましょう。

10日に今年度の天災ボランティア保険に加入してきた。今年は腰が痛くて無理が効かないので、勝手ながら選別させて頂いて参加したいと思っている。

ボランティアセンター寄ったついでに地域の活動参加も申し込んできた・・・なにが飛び込んでくるやら楽しみだ。

« 朝食・新感覚でサンドウィチから食材を皿に取り出し盛った! | トップページ | 生活スタイルを50年近く昔にもどして »

コメント

>すでに火の粉は降っています、傍観者にならないようにしましょう。

まったくですね。

暫らくぶりに、ジェットプレーン聴きました。懐かしい!

国は電力会社の言いなり(結託)し、なにがなんでも、「大飯原発再稼働」を強めています。合わせてなし崩し的に泊原発の稼働の策動を進めてきました。

残念ながら、国民の抗議の行動はテレビ・メディアから伝えられていません。

国民の不安は増すことはあっても、減ることはありません。残念なことです。

「悲しみのジェトプレーン」を聴いた後に「朝の雨」を聴きました。また違った愛する人への願いを感じました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551464/54460365

この記事へのトラックバック一覧です: 「Leaving on a Jet Plane」 by PP&M:

« 朝食・新感覚でサンドウィチから食材を皿に取り出し盛った! | トップページ | 生活スタイルを50年近く昔にもどして »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ