« 「祈り」 by ケルティック・ウーマン | トップページ | 「熱帯夜は体にこたえる」 切りタイマー掛け忘れ朝には凍えてた »

2011年8月11日 (木)

「五山送り火行事功労者の市長表彰」する?

「京都五山送り火行事功労者の市長表彰」を8月15日に行われると聴いて唖然としたた。

今回の企画は、京都市、京都市民として大震災の犠牲者に対して鎮魂を祈る、こころの支援になり、国内外から称賛されるべき素晴らしい発案で、企画通り実施されれば京都が見直される出来事になったと思っています。にもかかわらず保存会の一存で断念を決定したのは、許せません。京都のイメージダウンは、計り知れません。

今度は取って返して、「高田の松」の薪500本を送り火にすると急きょ事態が変わったのです。

保存会は、どのようにして責任を取るのでしょうか?保存会責任者は、報道機関に経緯を明確にして、けじめをつけるべきだと考えます。

このような保存会に「五山送り火行事功労者の市長表彰」8人(昨日までは書かれて文書から氏名が削除)について市が行うという、何という無神経さであろうか、取りやめる毅然とした態度が望まれる。

« 「祈り」 by ケルティック・ウーマン | トップページ | 「熱帯夜は体にこたえる」 切りタイマー掛け忘れ朝には凍えてた »

コメント

被災地の傷は癒えないと思うね。
取り返しのつかないことしてしまった、感じ・・・


この話も、まさに、無神経。

あまりの反響の凄さに「五山の送り火を守る会」「市長」もその場しのぎで右往左往している状態のようだ。

私事だが、京都市に電話を掛けても担当部署は受け取る状態ではないとの事だった。

この問題当分続きそうだね・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551464/52446567

この記事へのトラックバック一覧です: 「五山送り火行事功労者の市長表彰」する?:

« 「祈り」 by ケルティック・ウーマン | トップページ | 「熱帯夜は体にこたえる」 切りタイマー掛け忘れ朝には凍えてた »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ