« 「Green leaves of Summer」 by Brothers Four | トップページ | 「Tom Dooley」 by The Kingston Trio / The Brothers Four »

2011年7月31日 (日)

「BANKS OF THE OHIO」 MUSIC

連日の豪雨の影響か今朝の東京は昨日にもまして涼しいです。小雨も降ってきました。

今朝4時少し前の地震で眼が覚めました。いつものようにサンドウィ&コーヒーで朝食を食べながら、朝のBGM「ドク・ワトソン」聴いていたら『BANKS OF THE OHIO』が気になりだしてどれぐらのミュージシャンが歌ってるんだろう?でさっそく・・・あとで大変な思いをしてしまったことに気付くのでした。

Doc Watson / Earl Scruggs / Ricky Skaggs / Alison Krauss

Bill Monroe & Doc Watson

JOAN BAEZ

OLIVIA NEWTON JOHN

Johnny Cash

The Wolfe Tones (もっとも歌詞とアレンジが近いとする男性グループ)
http://www.youtube.com/embed/ZqVNufcXLAQ

The Strangers 男性グループ・ギターよし・歌好し)
http://www.youtube.com/embed/rucHRNYPQz0

McWilliams Hardware & Friends (懐かしい味のあるグループだよ)
http://www.youtube.com/embed/9lY45e4rAzk


The Kossoy Sisters
(女性グループ・バンジョーがシンプル・歌好し)

http://www.youtube.com/embed/M7z1_WU9KLs

Porter Wagoner (男性シンガー)
http://www.youtube.com/embed/P7OjMA1QAPY

The Blue Mountain Boys (のどかに村人たちがやってるのかな)
http://www.youtube.com/embed/ejcaZwwTaOA

曲自体はトラディショナル・フォークの名作で実にたくさんの人によって歌われていますが、アーティスト毎に微妙に歌詞が違うようです。
彼女(ドイツ語版は "Dave's Place")が参考にしたのはJoan Baezのバージョンのようですが、歌詞もアレンジも異なっています。
歌詞とアレンジが近いのは The Wolfe Tones のバージョンのようです。
元々は Willie という青年が結婚を断った恋人を散歩に誘い川の土手で殺してしまうというストーリーだったようですが、オリビアは女ですから男女の役を逆にして歌っています。


この歌が今も歌い継がれているのは何故なんでしょうか、とても気になるところであります。

たくさん載せちゃったんでチョイスして聴いて見て下さい。

« 「Green leaves of Summer」 by Brothers Four | トップページ | 「Tom Dooley」 by The Kingston Trio / The Brothers Four »

コメント

ほんと実に沢山のアーティストが演奏してますね~
何故このような殺人ソングが取り上げられるのでしょうか?

偶然でしょうか・・この曲モンロー・ブラザース、ビル・モンローとドク・ワトソン、カントリー・ジェントルメン、のテイクをブロブにアップしようと動画作成中で~す(笑)

ダッフィーさんへ、

>何故このような殺人ソングが取り上げられるのでしょうか?

トラディショナルとして多くのシンガーに歌われているんですね。

ブルグラやってる人に聞いても、よく理解してないみたいですよ。

ですから和訳したのを唄ってあげます。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551464/52352088

この記事へのトラックバック一覧です: 「BANKS OF THE OHIO」 MUSIC:

« 「Green leaves of Summer」 by Brothers Four | トップページ | 「Tom Dooley」 by The Kingston Trio / The Brothers Four »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ