« 「Carry It On」 by PP&M (番外編1) | トップページ | 「Carry It On」 by PP&M (番外編3) »

2011年2月23日 (水)

「Carry It On」 by PP&M (番外編2)

ピーター・ヤロー (1938.5.31-)、ノエル・ポール・ストゥーキー (1937.12.30-)、マリー・トラバース (1936-11.9-2009-.9.16)白血病のため死亡

この画像にはマルチン・ルーサー・キングも登場する有名な(私には夢がある)「I Havea Dream」の演説のあった。ワシントン大行進の時に、PP&Mは大観衆の前で「風に吹かれて」「天使のハンマー」を歌ったのです。

「時代は変わる」などは実に力強く歌っています。

そして「パフ」「500マイル」「レモンツリー」「花はどこへいった」などお馴染みのナンバーを世に送り出していったのです。

PP&Mはぶれることなく公民権運動や社会的正義を貫く第一線に立ち続けたのです。(途中解散もありましたが)

2007年がソロ活動としてノエル・ポール・ストゥーキー が北朝鮮の日本人拉致問題の解決を願う「Song for Megumi」を発表し、拉致被害者支援コンサートに来日したのは記憶に新しい出来事です。

このグループをマネージメントしたのは、ボブ・ディランと同じアルバート・グロスマンであったのには驚きました。

« 「Carry It On」 by PP&M (番外編1) | トップページ | 「Carry It On」 by PP&M (番外編3) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551464/50942365

この記事へのトラックバック一覧です: 「Carry It On」 by PP&M (番外編2):

« 「Carry It On」 by PP&M (番外編1) | トップページ | 「Carry It On」 by PP&M (番外編3) »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ