« 正月三が日は、仕事・仕事 | トップページ | 「Keep On The Sunny Side」 by カーター・ファミリー/ 「陽気に行こう」 »

2011年1月 4日 (火)

相当頑張った三が日、でもまだまだ、だが・・・

暮れから正月にかけて一日中PCとの格闘、しかし、まだ闘いは続いている。
さすがに昨晩は早めの就寝で早朝からネジをまいている。大分ゴールは見えてきた。

昨日の箱根駅伝は我TY大は総合2位でフィニッシュした。
他のブログにUPしましたが、今日は改めてMyブログでご紹介します。

「孤独のマラソンランナー」 by 高石ともや&ザ・ナターシャセブン
作詞・作曲は自切俳人(北山修)

私もランナーでしたので歌の気持がよく伝わってきます。

1、若者が走るよ 街のビルの谷間を

  若者の足どりは 風をきっていくよ

  みんなが声をかける おはようさんと君へと

  近所の子どもたちが どこへいくのと聞く

   Ref  わき目もふらずに 前だけを見つめて

       若者がかけていく ふりむきもしないで

2、自転車が走ってく 自動車がおいかける

  機関車がよこぎるよ 飛行機がかすめる

  長い髪の女の子 花束をホラかざして 

  野原へでかけましょうと 肩をたたいていく

   Ref

3、間奏 ららら~

  やがて彼は海に出る はだしになって走ろう

  カモメが飛んでいるよ 汽笛もむせんでる

   Ref

4、若者はふとたちどまり 青い空みあげて

  出合った人や花を 思いだしてみる

  いつまで僕は 走りつづけるの

  若者はまた走りだす ふりむきもしないで

   ららら~ 

« 正月三が日は、仕事・仕事 | トップページ | 「Keep On The Sunny Side」 by カーター・ファミリー/ 「陽気に行こう」 »

コメント

ランナーだったのですか。

俺も、極短い期間、ジョガーだったような・・・
あやふやだが・・だったような・・・

今?

もてあます贅肉にな・・・


孤独のマラソンランナーは、名曲。ドラムは欲しい曲ですね。
昔、西武球場で、山西氏の指導・ナターシャの演奏で、ジョグしました・・・

いや、したような・・・(笑)。

お 寒さん、こんばんは。

私がマラソンランナーにあこがれたのは、10歳の時です。東京オリンピックでの円谷幸吉選手を見てからです。
オリンピックが終わってから毎日学校の校庭を走り始め、中学校ではすぐ陸上部に入部しました。その後は膝半月板亀裂骨折などで長距離ランナーの夢は断たれてしまいましたが・・・それでも駅伝には参加していました。なつかしい思い出でもあります。

当時の人生設計図は大学は順天堂(沢木監督)を出て、体育教師になることだったんですが(笑)
無念なのだ。そして現在に至るのであります。

これもまたひとつの人生ね。だから陽気に生きようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551464/50487659

この記事へのトラックバック一覧です: 相当頑張った三が日、でもまだまだ、だが・・・:

« 正月三が日は、仕事・仕事 | トップページ | 「Keep On The Sunny Side」 by カーター・ファミリー/ 「陽気に行こう」 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ