« 「 くつが一足あったなら」(グッド・ナイト・アイリーン) by 詞:高田渡 | トップページ | 「仕事の合間をぬって」ブログUP »

2011年1月16日 (日)

久々の「爆睡」(5)

昨晩寝たのは20時から21時だった。今朝は9時に目がさめた。む…12時間か?
朝のコーヒーとBGMで頭を覚ましています。

今日は音源づくりのために自らトライしてみたいと思っていますので、楽しみにしていてください…… !! もちろんカントリー・ブルグラで気持ちをハイにしています。

2011_0115_164827cimg0210

東京産の歌たくさん唄いますので…=私の技量が分かってしまうのが欠点ですcoldsweats01

明日からブログ公開を目指します。私のオリジナルも出てきますよ~~

« 「 くつが一足あったなら」(グッド・ナイト・アイリーン) by 詞:高田渡 | トップページ | 「仕事の合間をぬって」ブログUP »

コメント

タウン・ワンダーさま

遅くなりましたがあけましておめでとうございます。
お元気になられましたか?昨年の暮れには、どうしてブログの更新がないのだろう?
と心配しておりました。
体を大切にしていただき「本日のBGM」楽しみにしていますので。

本日の写真は東フォー連が作ったアルバム「歌をわすれないでおくれ」ですね。
私も持っていますが1980年の4月20日に買ったもので、アルバムにはかわさきゆたか
さんと中島光一さんの一言付きのサインがありました。

報告楽しみにしています。私も今でも「サラサラ」歌っています。

タウン・ワンダーさま

もうお身体は大丈夫でしょうか?
長いことブログの更新がなく心配しておりました。
1980年4/20に購入したこのLPには「歌うことは生きること、生きることは闘うこと。
がんばろう」 中島光一
私の持っている東フォー連の「歌をわすれないでおくれ」
のLPに刻まれた言葉です。
今でも私も「サラサラ」を歌い続けています。

ひじき さん、こんにちは。大変ご心配頂き感謝・感謝です。

>写真は東フォー連が作ったアルバム「歌をわすれないでおくれ」ですね。
はい !! 正解ですgood

いま、音源のブログUPに悪戦苦闘中で、ない頭をひねって七転八倒している最中です。今しばらくお待ちください。(笑・容赦)

はじめまして。
このレコード、持っています。
「明けて行く朝の息吹を聞きながら~」とか「道をひらきながら歩いていこうよ~」というフレーズは今でも時々浮かんできたりします。

東フォー連や奥多摩うたの里、とてもなつかしいです。

がじゅまる さん、お立ち寄り頂きありがとうございます。

ひょっとしたら?多分?お会いしていると思いますね。

何十年経っても、この頃の歌が今の時代でも充分あたりはまりますし、むしろ酷くなってきています。
「歌をわすれないでおくれ」を「歌は唄われてこそ生きる」だから「ギターをとって弦を張れ」なのです。

今後ともよろしくお願いしますheart04

お会いしているとしたら、奥多摩か和邇浜でしょうか?
当時、私は京フォー連のメンバーでした。

東フォー連といえば、力強い「われらはくじけない」やタ、イトルはわかりませんが「ひ~くひくひくひきつけた」というのが印象に残っています。

がじゅまるさん、おはようございます。

>お会いしているとしたら、奥多摩か和邇浜でしょうか?

当時は奥多摩には毎回参加していました。私の貧民生活では遠出したのは1回くらいで場所の記憶は残念ながらありません。

昨日コメント頂きさっそく「がじゅまる」さんのブログを拝見させて頂きました。色々とご活躍されている様子に感心した次第です。

余談ですが「歌をわうれないでおくれ」のジャケット写真をブログに載せただけで、突然京都方面からアクセスされてくる方があり驚いています。

私のブログに「がじゅまる」さんへのリンクを張りつけさせて頂いてもよろしいでしょうか?

私も奥多摩まで行ったのは一回だけ。
和邇浜や大阪うたの宿には何度か参加していますが・・・。

直接お会いしていなくても、共通の知り合いは多いかもしれませんね。
リンクも含め、これからもよろしくお願いします。

がじゅまるさんへ、いい出会いができ嬉しく思っています。

私はブログ上で顔写真出ちゃってますから。その内口伝いに伝わって、みんなにばれちゃいますね。でも「私は私」でやって行きたいと思っています。

ブログに載せさせて頂きます。ありがとうございました。

ぐひょう~!
ひょんな事で覗いたブログで次から次となつかしい話題!
タウン.ワンダーさんは当時「東フォー連」メンバーだったのでしょうか?
だとしたら絶対「はじめまして!」ではないですよね?
「フォークソングセールスメン」のバンジョー弾きのfumiです!

実は昨年末に両国に当時「東フォー連」の中心メンバーだった連中があつまり「同窓会」を催しました。
小さいライヴハウスが会場だったので席が足りないほどの仲間が集まり、短い時間だったったのでマイクを取り合いしながら楽しい時を過ごしました。
ただ「なつかしい」だけではなく「これから何か始まりそう」という予感させるステキな会でした。
タウン.ワンダーさんにも来ていただきたかったです。

fumiさんへ、、こんにちは。

当初のメンバーはよく存じ上げていますよ「フィレンツェ」、草創期の東京不奥苦村の面々、私はバンド活動でなく、学園内でのサークル活動、地域での文化運動としてやってきましたので、グループの合体などまったくもって興味ありません、自分たちで地域・職場・学園に組織を作る姿勢のない連中がいたのではないでしょか。もちろんやられていた方もいましたが、そんな風に思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551464/50599585

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の「爆睡」(5):

« 「 くつが一足あったなら」(グッド・ナイト・アイリーン) by 詞:高田渡 | トップページ | 「仕事の合間をぬって」ブログUP »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ