« キムチ鍋に雑炊で元気つけ、徹夜で仕事してます。 | トップページ | 観そこなった「サッカー・アジア杯、日韓戦」 »

2011年1月25日 (火)

「I Come and Stand at Every Door」・殺された女の子(広島・長崎)

原詞:ナジム・ヒクメット

1、ドアの外に私はいるの でも足音は聞こえない

  私の姿も見えない 私は殺された

2、7つの時に殺された 死の灰降る広島で

  7つの時に殺された 小さいままで

3、私の髪はこげたの 目はかすんで見えないの

  私の骨は灰になって 風にまかれた

4、私には何もいらない お米もパンも果物も

  甘いお菓子も食べられないの 私は殺された

5、お願いだから平和のために 闘って欲しい

  子どもが大きくなるように 殺されないように

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この曲は20歳の頃(35年位前)に聴いて確か唄っていたように思うのですが、すっかり忘れてしまっていてたのです。

昨日の徹夜仕事中、ジョーン・バエズを聴きいていたら突然に耳に飛び込んできたのでした。広島・長崎の原爆を取り上げた歌です。思わず涙してしまいました。

別に詞:ナジム・ヒクメット・作曲:木下航二さんで「死んだ女の子」がありますが、私には今回取り上げた曲がとても印象深く残っています。

« キムチ鍋に雑炊で元気つけ、徹夜で仕事してます。 | トップページ | 観そこなった「サッカー・アジア杯、日韓戦」 »

コメント

この詩にはたくさんの人が曲をつけて歌っていますね。
京フォー連にもオリジナル曲があります。

だけど自分にとって一番なじみがあるのは高石友也さんがうたう外山雄三さん作曲のもの。
最近、元ちとせさんがカバーしているみたいですね。
いつまでも歌い継がれてほしいです。

がじゅまるさんへ、こんにちは。

今日のコメント一番の、がじゅまるさんの就寝時間が、私の起床時間に近かったかな(笑)

>いつまでも歌い継がれてほしいです。

本当にそうですね、私がこの曲で印象深かったのは「私は殺された」の一節でした。そして託すしかない少女の叫びでした。

「傍観者」にならないようにしなければといつも思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551464/50681104

この記事へのトラックバック一覧です: 「I Come and Stand at Every Door」・殺された女の子(広島・長崎) :

« キムチ鍋に雑炊で元気つけ、徹夜で仕事してます。 | トップページ | 観そこなった「サッカー・アジア杯、日韓戦」 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ