« 「begin・FAN-Little Pieces-」 by ビギン | トップページ | 12・8は「ジョン・レノン」殺害から30年 »

2010年12月 7日 (火)

『オートハープ』第1回目のチューニングに苦闘

昨日は楽器店から帰ってきたオートハープ(チューニングなし)を思いっきり「ガンガン」弾いてから、時間をおいて第1回目のチューニングをしました。かかること1時間半(ギターの弦を張り替えていた為に)の格闘劇を演じてしまいました。(笑)

どんな楽器でもチューニングが合わないと悲しいかな「ガクッ」ときてしまうものなのです。

今日は第2回目のチューニングをします。(難儀な楽器です=何がオートなのやら?)そういえば京都のライアー(竪琴)を弾きながら詩を朗読される淺山泰美さんも、ぼやいていましたね。

2010_1207_042028f1000001

今日のGBMはニューロスト・シティー・ランブラーズとカーター・ファミリーで快調にスタートです。

↓下記は「ニューロスト・シティー・ランブラーズ」の演奏です。

↓下記は「メイベル・カーター」です。

素晴らしいオートハープの音色いかがでしたか……?

« 「begin・FAN-Little Pieces-」 by ビギン | トップページ | 12・8は「ジョン・レノン」殺害から30年 »

コメント

朝から、良いやつをありがとう!

確かに、チューニングが面倒だよね。まあ、ラフにやっても30分かね?

しかも、弦が高い・・・・・し・・・・

昔、本番前合わせて・・ケースのふたを開けたまま、スポットの当たる場所に30分ほど放置したら、熱で、本番がメロメロになっていた記憶が、蘇ったな。

オ 寒さん、おはようございます。
とりあえず当分は、オートハープ入れたら、他の楽器がオートハープにチューニングを合わせないとだめだね。

決してキーボードとかリコーダーとかは御法度ですね。
あとは、あきらめて使わずに他の楽器に変えた方が、心の痛みを感じずにすみますね。

この苦しみは、持ってる人にしか分からないのも難点なのです・・・・(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551464/50227752

この記事へのトラックバック一覧です: 『オートハープ』第1回目のチューニングに苦闘:

« 「begin・FAN-Little Pieces-」 by ビギン | トップページ | 12・8は「ジョン・レノン」殺害から30年 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ