« 「時代は変わる」 by ボブ・ディラン であわただしい朝が始まった | トップページ | 今日は一日まったりと »

2010年12月 2日 (木)

[コンドルは飛んでいく」 by 宗次郎 オカリナの音に誘われて

『世界のうたこころのうた』の中から[コンドルは飛んでいく」を今朝のBGMに選びました。

心地よい目覚めにオカリナの透き通った音はとても心を和ましてくれます。

宗次郎さんの作品には「心のゆとり・安らぎ・無限に広がる世界」を感じさせてもらいます。

******************************

今朝は午前3時起きで、気持ちは全開です。仕事・原稿を1本を一気に書き上げ、これから洗濯もののアイロンかけ、つづいて洗濯、そして仕事の2本目を書きあげ、夜はライブハウスでストレスを一気に爆発させたいと願っています。

今日は「二歩前進」「一歩足踏み」でいきたいとおもいます。

しかし、孫がなかなか生まれてこない、体調が心配だ・・・

« 「時代は変わる」 by ボブ・ディラン であわただしい朝が始まった | トップページ | 今日は一日まったりと »

コメント

いや・・どうでも良い話なんだけど。
宗次朗氏の実家は、我が実家と敷地が地続きで、ありました。
ついでに、小学校から高校まで同じで、1つ年上でしたが、良く遊びました。
僕はギターを彼に習いました(ほんの数ヶ月なんだけど・・)

まあ、有名になったもんです。物静かな、いい人です。

オ 寒さん、おはようございます。

ギターの師匠・ルーツが宗次郎さんだったとは驚きです。

なんでオカリナにはまったんでしょうかネ・・・?

なんやかんやで本日滑り出し快調ですよ。午前7時半にして、アイロンかけ終了、洗濯も順調、只今仕事の真っ最中・・・・・・このままいくと夜は歌いまくれそうな一日になりそうです。シメシメ(笑)

彼は、高校時代は、フォークソング同好会。

卒業の後、オカリナを自分で焼きながら、演奏もする方(栃木の人)に師事し、自分でもオカリナ焼きながら、演奏活動を始めたのでした。

彼の焼いた、器は丈夫で、今も我が家で活躍しています。(器も、焼いたみたい・・)

>彼は、高校時代は、フォークソング同好会。

そうだったんですかー
いい思い出ですね。

宗次郎さんは、どこかオカリナに魅せられたのですね。

オ 寒さんはその場に居られたなんて、よかったですねclub

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551464/50187420

この記事へのトラックバック一覧です: [コンドルは飛んでいく」 by 宗次郎 オカリナの音に誘われて:

« 「時代は変わる」 by ボブ・ディラン であわただしい朝が始まった | トップページ | 今日は一日まったりと »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ