« 「故郷へ帰ろう」 by 中島光一 | トップページ | 「ディポーティー」 by ジョーン・バエズ / キングストン・トリオ »

2010年10月23日 (土)

「アメリカは歌う」(歌に秘められたアメリカノの謎) 東理夫著

この本『アメリカは歌う』はアメリカのカントリー・ミュージックの様々な歌に謎られた人物・数字から導き出されている歌詞にこだわったものです。、アメリカを知る、実に興味そそられる一冊でした。

第1章 「ジョンヘンリーと悲しみのナンバー・ナイン」

    1、伝説のヒーロー、ジョン・ヘンリーPhoto

    2、なぜ9ポンド?

  ~ 6、悲しみのナンバー・ナイン

第2章 「アパラチア生まれのマーダー・バラッド」

  ~ 3、マーダー・バラッドの原点

    4、旧世界の血塗られた歌たち

  ~ 7、アパラチアという名のバックカントリー

    8、アメリカ移民の四つの潮流

第3章 「北行き列車に乗りたい」ーニグロ・スピリチュアルに隠された暗号ー

    1、「聖者の行進」の聖者とは誰のことか?

    2、「漕げよマイケル」の舟はどこを目ざすのか?

    3、ニグロ・スピリチュアルの誕生

  ~ 7、ニグロ・スピリチュアルに隠された暗号

第4章 「ドアマットからの脱出」ーカントリーの中の女性たちー

    1、ヒラリー・クリントンの「スタンド・バイ・ユア・マン発言」

    2、カントリー・ウエスタンの誕生

  ~ 5、女たちの「独立記念日」

から構成されいます。

アメリカ南部のアパラチアで生まれ、歌い継がれてきたマウンテン・ミュージックやヒルビリー・ミュージックそしてカウボーイの住む西部地帯で生まれ育まれてきたウエスタン・ミュージックなどを通じてアメリカを問うている・・・・

音楽の起源はアパラチアン・マウンテンズにある。しばしばスコッチ・アイリッシュという人が入植し、彼らの祖国での歌や踊りを継承すると同時に新たな経験を歌い新しい音楽を創りだしてきた。

英雄ジョン・ヘンリー、殺人の歌、ニグロ・スピリチアルに秘められた暗号など、様々な謎解きが展開されている。

アメリカ文化を知る一冊としてお勧めの一冊です。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

著者の東理夫(ひがしみちお)氏は1941年生まれ。作家・ブルーグラス奏者。この本は2010年3月初版(作品社)され,早くも増刷がされている。

« 「故郷へ帰ろう」 by 中島光一 | トップページ | 「ディポーティー」 by ジョーン・バエズ / キングストン・トリオ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551464/49353480

この記事へのトラックバック一覧です: 「アメリカは歌う」(歌に秘められたアメリカノの謎) 東理夫著:

« 「故郷へ帰ろう」 by 中島光一 | トップページ | 「ディポーティー」 by ジョーン・バエズ / キングストン・トリオ »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ