« 「Gentle on my mind」 by グレン・キャンベル | トップページ | 牛丼戦争 »

2010年9月 6日 (月)

「青春の光と影」 by ジョニ・ミッチェル

熱帯夜で不眠が続きますが、それでも朝晩はいい風が部屋を抜けていきます。今朝の一曲は女性の澄んだ歌声が聴きたくなり、いつもならジュディ・コリンズというところですが、ジョニ・ミッチェル(1943.11.7-)の『青春の光と影』(セカンド・アルバム)を選びました。

ニッティー・グリッティー・ダート・バンドが弾くインストルメントを聴いてコピーするのに苦しんだ、青春の日々が蘇ってきます。

私が50歳を過ぎ、随分と時が経ってジョニ・ミッチェルがオープンコードを使って、別の曲を歌っているのを見てひらめきました。若かりし頃の苦しんだことが嘘のように楽に弾けることができるのです。感動でした。

そんな思い出深い曲『Both Sides Now』 by Joni Mitchell をお聴きください。

訳: HideS  

Rows and flows of angel hair
And ice cream castles in the air
And feather canyons everywhere
I've looked at clouds that way

幾重に流れる天使の髪。
アイスクリームのお城が浮かんでる。
ふわふわ 羽の峡谷が あそこにもここにも。
私は雲をそんな風に見てました。 


But now they only block the sun
They rain and they snow on everyone
So many things I would have done
But clouds got in my way

でも今 雲は太陽をさえぎって
雨を降らせ 雪を降らせます。 誰の上にも。
私はたくさんのことをするつもりだったけど
雲が 私の行く手をじゃましたのです。


   I've looked at clouds from both sides now
   From up and down, and still somehow
   It's cloud illusions I recall
   I really don't know clouds at all

   私が雲を見たのは 二つの側面からです。
   上から見たり下から見たり。 でもなんとなく
   雲の幻が 頭に浮かんだだけ。
   本当はわかっていません。 雲のことは何も。


Moons and Junes and Ferris wheels
The dizzy dancing way that you feel
As every fairy tale comes real
I've looked at love that way

幾度も巡る お月様, 六月, 観覧車。
めまいを起こす踊りみたい。
一つ一つのおとぎ話が現実になるたびに
私は恋をそんな風に見ていました。


But now it's just another show
And you leave 'em laughing when you go
And if you care, don't let them know
Don't give yourself away

でも今は 違う恋の話の始まりです。
笑いたい人は 笑わせておくのです。 放っておきましょう。
もし気になっても そんな顔を見せちゃだめ。
自分をうっかり見せちゃだめ。


   I've looked at love from both sides now
   From give and take, and still somehow
   It's love's illusions I recall
   I really don't know love
   Really don't know love at all

   私が恋を見たのは 二つの側面からです。
   与えたりもらったり。 でもなんとなく
   恋の幻が 頭に浮かんだだけ。
   本当はわかっていないません。 恋のことは何も。


Tears and fears and feeling proud
To say "I love you" right out loud
Dreams and schemes and circus crowds
I've looked at life that way

涙と不安 でも誇りを感じながら
私は言います。 「愛してる」って大声で。
夢と計画 サーカスの群集。
私は人生をそんな風に見てました。


Oh but now old friends they're acting strange
And they shake their heads
And they tell me(said) that I've changed
Well something's lost but something's gained
In living every day

でも昔からの友達といったら おかしなことばかりします。
頭を左右に振って
私に言います。 「あなた変わったわね」
そう 失った物もあるし 得たものもあります。
毎日暮らして行くうちには。


   I've looked at life from both sides now
   From win and lose and still somehow
   It's life's illusions I recall
   I really don't know life at all

   私が人生を見たのは 二つの側面からです。
   勝ち負けという見方から。 でもなんとなく
   人生の幻が 頭に浮かんだだけ。
   本当はわかっていません。 人生のことは何も。


   It's life's illusions I recall
   I really don't know life
   I really don't know life at all

   人生の幻が 頭に浮かんだだけ。
   本当はわかっていません。 人生のことは。
   本当はわかっていません。 人生のことは 何も。

« 「Gentle on my mind」 by グレン・キャンベル | トップページ | 牛丼戦争 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551464/49366021

この記事へのトラックバック一覧です: 「青春の光と影」 by ジョニ・ミッチェル:

« 「Gentle on my mind」 by グレン・キャンベル | トップページ | 牛丼戦争 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ