« 「ライオンは寝ている」 by ピート・シーガー & ウィーバーズ | トップページ | 「天国の岸辺」 by レスターフラット&アールスクラッグス »

2010年6月11日 (金)

「オー・フリーダム」 by ジョーン・バエズ

この曲を最初に聴いたのはピート・シーガーの「WE SHALL OVER COME」1963・6・8のカーネギーホールのコンサートライブのテープだった。バエズの歌は実に穏やかに心に響かせている。一方ピートの歌は実に力強い歌い方です。時と場所によって変わるのもいいものです。

  『オー・フリーダム」(おお 自由)

1、自由を 自由を 自由を 我らに

  奴隷のままで 長らえるよりも

  いっそ自由のために 死のう

2、泣くな 嘆くな 自由の 子らよ

  奴隷のままで 長らえるよりも

  いっそ自由のために 死のう

3、ムチで打たれ 売られるよりも 俺は死のう

  奴隷のままで 長らえるよりも

  いっそ自由のために 死のう

4、自由を 自由を 自由を 我らに

  奴隷のままで 長らえるよりも

  いっそ自由のために 死のう

  奴隷のままで 長らえるよりも

  いっそ自由のために 死のう

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『奴隷になるくらいなら、死んで墓に入り、主のいる故郷へ帰り、自由の身になろう!』と黒人霊歌として歌われたものと考えられます。

自由に対する個々の感じ方は違いますが、人が人を強制的支配する、又は支配されること抑圧することは許されないと思います。

沖縄では、「日米安保」によって強制的な支配がされ抑圧と被害を受けています。

政権は鳩山氏から菅氏に変わりましたが、「日米共同宣言」の撤回は生きたまま進めていくと語っています。

あなたはどう思いますか・・・・・・

« 「ライオンは寝ている」 by ピート・シーガー & ウィーバーズ | トップページ | 「天国の岸辺」 by レスターフラット&アールスクラッグス »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551464/48547131

この記事へのトラックバック一覧です: 「オー・フリーダム」 by ジョーン・バエズ:

« 「ライオンは寝ている」 by ピート・シーガー & ウィーバーズ | トップページ | 「天国の岸辺」 by レスターフラット&アールスクラッグス »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ