« 「フォーク&カントリー・フェスティバル」池袋西口公園、5日・6日 | トップページ | 「オー・フリーダム」 by ジョーン・バエズ »

2010年6月10日 (木)

「ライオンは寝ている」 by ピート・シーガー & ウィーバーズ

89歳(現在91歳)とは思えない素晴らしく、バイタリティー溢れる歌声です。

ピート・シーガーはある日、アフリカ民謡のSP盤の中に『ウィモウエ』という歌を見つけ、やがてそれはウィーヴァーズの代表曲となりました。

原作を知っての改作と、知らぬふりのいわゆる盗作は違うのだろう。ズールー語で歌われる『ウィモウエ』は後に英詩が加えられ、ザ・トーケンズのヒット曲『ライオンは寝ている』に姿を変えていく。

シーガーの場合は原曲「ウィモウエ」の作者を探り当て、原作者ソロモン・リンダの家族に相当の著作権収入が届くようにとの配慮もしている。本人のレコードの楽曲クレジットにも作詞&作曲がソロモン・リンダ、補作詞&曲にシーガーを含めた4名のアメリカ人を表記している。このあたりが彼の持ち前の公正さや律儀さを物語ってもいる。

« 「フォーク&カントリー・フェスティバル」池袋西口公園、5日・6日 | トップページ | 「オー・フリーダム」 by ジョーン・バエズ »

コメント

こんばんは^^
「ライオンは寝ている」の原曲ってこんな感じだったんですかー。
61年のトーケンズのしか聴いたことがなかったので、新鮮でした♪
ピート・シーガー、年齢を感じさせない歌声ですね。
途中の裏声も良かったです。

sayaさん、こんばんは、コメントありがとうございます。

ご指摘の通り「ライオンは寝ている(The Lion Sleeps Tonight)」は、アメリカの男性ドゥーワップ・ボーカルグループのトーケンズ(The Tokens)の1961年のカヴァー曲です。

 原曲は、1939年のアフリカンポップス「Mbube(ズールー語で"ライオン")」で、当時は歌詞無しのアカペラ形式の曲だったそうです。

 トーケンズがカヴァーする10年近く前の1952年には、ピート・シーガー(Pete Seeger)がアカペラ形式のまま「Wimoweh(ウィモゥエ)」のタイトルでリリースしており、その後も様々なアーティストがカヴァーを発表し、歌詞がつけられていったものです。

ピート・シーガーはこの歌でも聴衆を参加させます。「ウィンマウェッカ・ウィンマウェッカ・ウィンマウェッカ」などバックコーラスパートを歌ってもらうなど工夫をこらしているのです。
そこがピートの魅了でもあるのですネ・・・・そして何よりも素敵な歌声に魅了されてしまうのです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551464/48547392

この記事へのトラックバック一覧です: 「ライオンは寝ている」 by ピート・シーガー & ウィーバーズ:

« 「フォーク&カントリー・フェスティバル」池袋西口公園、5日・6日 | トップページ | 「オー・フリーダム」 by ジョーン・バエズ »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ