« 「ここは故郷」私の街 | トップページ | ピート・シーガー「12弦ギター」 »

2010年5月17日 (月)

「HONKY TONK BLUES」 by ハンク・ウィリアムスを聴きながら

今朝は5時に起床、外は爽快で清々しいが、残念ながら富士山は見えない。

今日のBGMは「ハンク・ウィリアムス」(1924-1953) 天才型のミュージシャンであった。貧困の中に育ち、カントリー歌手としてメジャー・デビューしたのが49年、25才の時。以降29才で亡くなるまで、たった4年という短い期間で、カントリー・ミュージックの基礎を作り上げたことは驚嘆に値する人である。

「I SAW THE LIGHT」「JAMBALAYA」HONKY TONK BLUES「LONG GONE LONESOME BLUES」など収められたCDを聴きながらの朝食。

今日一日背伸びせず「気楽に過ごそう」 !!

« 「ここは故郷」私の街 | トップページ | ピート・シーガー「12弦ギター」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551464/48380103

この記事へのトラックバック一覧です: 「HONKY TONK BLUES」 by ハンク・ウィリアムスを聴きながら:

« 「ここは故郷」私の街 | トップページ | ピート・シーガー「12弦ギター」 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ