« 「水森亜土作品展」に行きました | トップページ | 「沖縄・徳之島」の人々と共に »

2010年5月31日 (月)

「ランブリング・ボーイ」 by トム・パクストン (1)

『ランブリング・ボーイ』 by トム・パクストン

2008年フィラデルフィア・フォークフェスティバルでの演奏です。

↓下記URLから訳詞:中村容さんのものがありますのでこちらも聴いてみてください。(譜面付き)高石友也・岡林信康がよく歌っていました。

bunbun.boo.jp/okera/mawa/rambling_boy.htm

トム・パクストンの経歴は以前のブログで紹介したつもりでいましたが、どなたかのブログにコメントとして書いていた様です。

オクラホマ大学在学時にウディ・ガスリーやウィバースの音楽に出合い、自ら作詞・作曲をするようになり、ボブ・ディランやエリック・アンダーソン等と一緒に唄っていたそうです。
そんな中でピート・シーガーがトム・パクストンの歌を唄い、ニューポートフォークフェスティバルへ出演するようになり、多くの人に知られるようになったようです。

“Whose Garden Was This”は最初のアースデーの“賛歌”として歌われています。

日本では、トム・パクストンは「Ramblln’ Boy」(ランブリン・ボーイ)、「What did you Learn in School Today」(学校で何を習ったの)で知られるようになりました。その後の活動はトム・パクストンのファンでないと見逃してしまいますね。

私は高校生で17歳の時、同じような帽子をかぶってギターを弾いて唄ってました。懐かしいな・・・・

目立たないけど偉大なフォークシンガーです !!

« 「水森亜土作品展」に行きました | トップページ | 「沖縄・徳之島」の人々と共に »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551464/48502779

この記事へのトラックバック一覧です: 「ランブリング・ボーイ」 by トム・パクストン (1):

« 「水森亜土作品展」に行きました | トップページ | 「沖縄・徳之島」の人々と共に »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ