« 「パイプオルガン・ランチタイムコンサート」by東京芸術劇場 | トップページ | なんという寒さだろうか !! »

2010年4月22日 (木)

「ダウン バイ ザ リバー サイド」 by ピート・シーガー

4月22日は「アースデー」(地球の日)です。Earthdayrally

一人ひとりがちょっとでも「平和・愛・地球環境・自然保護」などなんでも出来ることから始めましょう。

最大の悪は戦争です。全てを破壊してしまいます。

今朝は平和を願って、 ピート・シーガー「Down by the Riverside」(武器を捨てろ)、そして坂本龍一「Zero Landmine」(地雷撲滅)を聴きながらの朝食を取っています。

昨日と違って今日は朝から冷え込んで寒いですが、ちぢこまらずに「今日一日気を引き締めて過ごそう」と思います。

写真は最初のアースデー集会の参加者を写したものと思われます。

« 「パイプオルガン・ランチタイムコンサート」by東京芸術劇場 | トップページ | なんという寒さだろうか !! »

コメント

初めてのアースデイの集まり、みんな関心高そうですごいですね!

“Down by the Riverside”、ピートのではなくどっかの聖歌隊の演奏でしたが
最近ラジオで流れたのをわたしもちょうど聴いていました。

戦争は憎しみから始まり、憎しみに終わります。
そして、おっしゃる通り、すべてが破壊されてしまい、
いいことは何ひとつありませんね。

一方、音楽は相手だけでなく、自分自身の心も豊かにしてくれます。

セッションで他の人の音を聞きながら、ひとつのハーモニーを作り上げるように、
わたしたちも他の人の考えを聞きながら、心をあわせられればいいですね。

本当の平和を願うなら、武器を捨てて、楽器でもって闘いましょう!happy02clover

松月さん、こんにちは。

昨日ブログにおじゃまさせて頂きましたが、自分のブログと松月さんへのコメントがごっちゃちになって失礼しました。ごめんなさい。

ウディ・ガスリーのギターには「この機械はファシスト殺す」(THIS MACHINE KILLS FASISTS)。ピート・シーガーのバンジョーには「このマシーンは憎しみを包み、克服せしめる」と書いています。思いのこもったメッセージですね。

私が最初ステージで唄った歌は「ピース・ウィル・カム」(平和がやってくる)でした。36年も前の事なんです。
待っていても決してやってくるものではなく、ひとつひとつつかみ取っていく以外には何も生まれないのです・・・

明日のブログでピート・シーガーの“Down by the Riverside”をお楽しみください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551464/48150258

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダウン バイ ザ リバー サイド」 by ピート・シーガー:

« 「パイプオルガン・ランチタイムコンサート」by東京芸術劇場 | トップページ | なんという寒さだろうか !! »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ