« フォークソングの元祖 「ジョー・ヒル」 (1) | トップページ | 桜の開花近し »

2010年3月17日 (水)

ウッディ・ガスリーを聴きながら

やはり一週間の入院は体調に影響しています。なによりも「体力の衰えが気力」を奪うのです。ただ今静養中の札を「心に決めて」掛けることにしました。読書などしてのんびりしています。

昨日は『フォークソング』について書き込みをしました。それで続きを書こうと思って書物を探したんですが、あったはずの本がやたら見つからないのです。引っ越しの時に処分してしまったのか記憶にないのです。それでも何冊かは見つけました。言ってしまった手前雑誌などの抜粋なども参考に、頭の片隅から回路をつないで、歌に出てくる登場人物や歌の内容などまで踏み込めればと思っていますので、長期戦になりまWoody_guthrie_american_folk_rege_2した。

今朝は午前3時に起床し、ウッディ・ガスリーを聴きながらの朝食。そとの天気は曇天で気温も低めで寒気もします。

一昨日TBSのTHE NEWSで「盲導犬」をとりあげた番組が組まれていました。以前にもコラムの中でこの件について私見「盲導犬の交通事故死に対する裁判」を書きましたが、番組を見て事態は深刻なんだなと感じました。

一頭の盲導犬を育てるのに600万円懸かるそうです。視覚障害者の負担は15万円、他は自治体からの補助などで賄っているそうです。とても財源が不足していてボランティアの協力なしには拡げられないとのことでした。

「盲導犬」を単なる一般的な犬として判断してはいけないと思うのです。視覚障害者が自立し社会参加していくうえでのパートナーなのです。みなさんはどう思いますか?

« フォークソングの元祖 「ジョー・ヒル」 (1) | トップページ | 桜の開花近し »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551464/47832571

この記事へのトラックバック一覧です: ウッディ・ガスリーを聴きながら:

« フォークソングの元祖 「ジョー・ヒル」 (1) | トップページ | 桜の開花近し »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ